2010年04月20日

本田美奈子デビュー25周年!

4月20日は本田美奈子さんがデビューした日です。
1985年のデビューですから、今日は25周年の記念の日です。

デビュー20周年の記念の年に夭逝されましたので、今年の11月になれば、5年が経過したことになります。

デビュー曲は「殺意のバカンス」。
実はスタッフが用意したデビュー曲は、かわいらしさを前面に出した「好きと言いなさい」でしたが、なんと本田美奈子さんは新人ながらこれを嫌がり、上記の「殺意のバカンス」に変えてもらったのです。

それを受け入れた事務所社長の懐もなかなかのもの。ここから2人の、20年に渡る二人三脚が始まったのです。

デビューの時からその突出した歌唱力は、アイドル全盛期の中ではむしろ異色でした。

そしてその「とんがり」方も。

彼女は自分がどうしたいか、どうすれば目指すものに近付けるか、どうすれば最高の自分になれるかを常に懸命に考え、主張し、実行しました。
自分でないものにしようとする勢力には頑として靡く(なびく)ことなく、胸を張って戦いを挑んで走り続けたのです。
誤解や、バッシング、攻撃のようなものもあったでしょう。

しかし本田美奈子は、本田美奈子らしく、本田美奈子になるべく、本田美奈子を目指して、本田美奈子を貫き通しました。

ミュージカル「ミス・サイゴン」のヒロイン、キム役のオーディションに正々堂々と臨み、1万2千人の中から選ばれ、そのミスサイゴンのレッスンのために、1年間すべての芸能活動を休養して真剣に取り組み、1年半という驚くべきロングランを見事に勤めました。

何百kgもある舞台装置に足を轢かれ、骨が折れて靴の中が血の海になっても、不屈の闘志で瞬く間に舞台に戻ってきました。鬼気迫るその魂の歌唱は、かつてない感動を帝国劇場に呼んだのです。

今もレコードやCDに残っているその歌のひとつひとつに耳を澄ますと、本田美奈子さんがいかに一所懸命に、心を尽くして歌に魂を捧げていたかが、ひしひしと伝わってきます。

ファンの人しか知らない、ファンの人でもあまり耳にしない、しかし聴けば心打つ輝く歌の数々がCDの中で待っています。自分の歌を聴いてくれる、誰かを。

その聴いてくれる人のために、本田美奈子さんは今も、きっと変わらず歌い続けるのです。

心を込めて。
posted by ならぴー at 04:00| Comment(0) | 日記

2010年04月17日

「雪の美術館」に行ってきます

今年は本田美奈子さんのデビュー25周年ですね。歌革命楽しみですね。(セキュリティに問題が発生しますので場所、日時はネットに記載しないようにお願いします。)

さて、個人的なアクションとしていくつか考えていますが、第1弾として、旭川の「雪の美術館」に行ってきます。もう3回目になります。現地での色々な位置関係はもう頭に入っていて、ほぼ悩まずに移動できたりします。

2泊3日、展望風呂付きホテル、往復飛行機込みで¥37,200でしたが、(惜しいな!あと300円高ければ!(笑))会社の福利厚生の補助で1万円使えて、自己負担は¥27,200.すばらしい。

とても幻想的で綺麗なところで、中にたたずんでいるとちょっと異世界的な感じがします。美奈子さんが撮影した、あのポイント、このポイントで、自分も同じ写真を撮ろうかな、と。(笑)

中の喫茶室のメニューもなかなか美味しいのです。

本田美奈子さんの雪の美術館での写真はご存知かと思いますが、実際の撮影場所を自分で見て、実際に自分の体をそこに置いてみて体験することはとても感動します。撮影した時はどんな様子だったのだろうかと想像すると、まるでタイムマシンに乗ったかのようです。

これからどんどん暖かくなります。雪に関する色々な研究成果、また美術的なアングルからロマンティックな鑑賞も楽しむことができます。
皆さんもぜひ「雪の美術館」を訪問してみませんか。
posted by ならぴー at 13:37| Comment(0) | 日記